相続ケーススタディ

相続には様々なケースがあり、それぞれに適切な対応が必要です

相続税の申告は、相続する財産の規模、種類、価値、相続の人数など、その条件や要素によって手続きも相続税の金額も異なります。これまでに多くの相続税申告業務を行ってきた税理士法人アライアンスでは、その経験を生かしながら、最新の知識と情報で最適な対策をご提案しています。


case-study_sub01
配偶者の税額軽減の活用

配偶者には、相続税の計算上特例があります。

これは法定相続分まで税額がかからないといったものです。また法定相続分を超えた場合でも1億6,000万円までの相続であれば相続税はかかりません。


ex01
宅地等を相続する場合
case-study_cnt03

小規模宅地とは、居住用のマイホームや、店舗の土地などの事業用の土地で、一定の規模以下のものをいいます。条件を満たした相続人が取得すれば200㎡~400㎡の範囲で50%又は80%の減額が受けられます。

ex021_2




相続に関する無料相談受付中!無料相談フォームはこちら