相続の基礎知識(税務調査での注意点)

知っていると役立つ相続の基礎知識
base5_04

国税庁によると、相続税の税務調査での1件あたりの否認額の平均は約4,000万円とされています。申告内容によって違いますので一概には言えませんが、否認を受けた場合は相続税の追加納付が求められるだけではなく加算税、延滞税も上乗せして求められます。 税務調査で否認を受けないために、事前に準備をしておきましょう。


  • base4_01
  • base4_02
財産区分を正確に把握する

税務調査で否認を受ける場合の多くに、申告前に相続財産の把握が充分にできていなかったことが挙げられます。特に名義預金、名義株の判定は調査でも判断が分かれるところなので、申告前の確認は必要です。要はいかに被相続人と相続人の財産区分を正確に把握しているかの説明が求められますので、相続人はご自分の財産の形成過程を把握しておく事が必要です。

事前に必要書類を準備する

財産評価の過程で判断に迷う場合、例えば税額に多額の差が生じる場合などは、事前に課税当局に文書で照会しておく事も可能です。問題になりそうなポイントは、調査対象になったときに備えて必要書類を準備しておくと良いでしょう。



相続に関する無料相談受付中!無料相談フォームはこちら